Cucina Italiana

クチーナ・イタリアーナ(イタリアの台所)
第15号

「ナポリ・ピッツァのお店、Latteria BeBe」

はじめに



 これまで遠いイタリアの話ばかりしていましたが、たまには近くで味わえる日本の話もしたいと思っておりました。そこで15回は急遽予定を変更して日本のピッツェリアのお話をします。
 鎌倉にあるお店Latteria BeBeさんです。ここはお世話になっているWebやさんからご紹介いただきました。正直、日本のピッツァはイマイチと思っていましたので、ここのお店は結構インパクトがありました。
 
 御成通りにあるピッツァBeBeの看板を見ると、ここはどう見てもピッツェリアにしか見えません。ここから道を奥に入るとお店が見えます。ピッツェリアのように見えます。でもよく見るとLatteriaと書いてあります。実はこのお店、ピッツァもやっているチーズのお店だったのです。ここのお店は、チーズをメインにしたピッツァとパスタを出すお店です。戸塚にある小野牧場の生乳を使った自家製のモッツァレッラ、リコッタ、ブッラター・チーズを提供しています。だからLatteriaというのでしょうね。
 
 さらにお店のパンフレットを見ると、なんとプーリア料理と出ています。イタリアでもプーリア料理は、美味しいことで有名です。しかも海鮮料理に強いことから,日本人の口にも良く合います。本当かよと思って、メニューを見ると、パスタの定番メニューにオレキェテとかカーサレッチェが当たり前のように並んでいます。オレキェテはプーリア特産、カーサレッチェは南イタリア特産のパスタです。日本でオレキェテとかカーサレッチェはなかなか置いていませんよ。とってもうれしくなりました。
 
協力者の紹介と1号から10号の刊行内容
http://www.ivc-net.co.jp/food/mailmaga/2016/publish.html
 
11号から30号の刊行予定
http://www.ivc-net.co.jp/food/mailmaga/2016/publish2.html

 

Latteria BeBeのメニュー(前菜)



 ローマの3つ星レストランPergolaを予約されたお客様が、どこかにブッラターチーズを食べられる店は無いかとのお問い合わせをいただき、ローマのチーズ屋さんを紹介しました。実は私、このチーズを食べたことがありませんでした。そこでBeBeさんのブッラター・チーズと生ハム・トマトのマリネを前菜(アンティパスト)としていただきました。
 
 ブッラターチーズ本体は、クリーミーでぷるぷるしているのですが、それ自体ではそれほど味はありません。ブッラターチーズに何かを組み合わせると、突然とんでもない味に変化します。このチーズはおいしさを引き出す天才です。
 
 個人的には果物や野菜との相性が抜群です。BeBeさんの生ハムはやや塩辛かったので、チーズのうまみを消しているような気がしました。イタリアでは水牛のミルクを使うので、余り期待していなかったのですが、これは予想外に美味しく、非常に楽しむことが出来ました。
 多分果物が一番だと思いますので、テイクアウトしてお家で楽しまれるのも良いかと思います。

 

Latteria BeBeのメニュー(プリモピアット)



 実は前回ランチに伺ったときは、ランチセットでピッツァをお願いしたのですが、その時チンクエ・フロマッジ(5種のチーズのピッツァ)をお願いして、妙に心に残っておりました。ですから今回のテーマはBeBeさんのチーズです。
 
<プリモ・ピアット (primo piatto)・第一皿>
 最初のメインディッシュ。パスタ、リゾット、ポレンタ、スープなどが分類される料理です。野菜とリコッタチーズのトマトソースのスパゲッティをお願いしました。お菓子にも使うリコッタチーズがたっぷり載せてあります。パスタはもちろんアルデンテ。トマトソースのきつさがマイルドになり、全体に非常に優しい味となっています。自家製フォッカッチャでソースまでいただきました。

 

Latteria BeBeのメニュー(ピッツァ)



 前回印象に残ったチンクエ・フロマッジに再度チャレンジしました。このピッツァはチェーン・レストラン「ボヘーム」の人気メニューで、クアトロ・ピッツァと似たもので、蜂蜜をピッツァにかけます。
 
 BeBeさんではチンクエ(5つ)としているように、5種のチーズを組み合わせています。モッツァレーラ、乾燥モッツァレーラ、リコッタ、ゴルゴンゾーラ、グラナパダーナです。パルミジャーノは使わないのと聞いたら,値段的に安いグラナパダーナを使っているとのことです。やはり食材のハードルは日本では高いとの印象です。
 
 でもBeBeさんの自慢のチーズづくし、美味しくない訳はありません。BeBeさんのピッツァはナポリスタイルですが、やはりチーズを使ったものがお勧めの印象です。
 
 大変美味しくいただきました。ふっと厨房を拝見すると、イタリア人らしきお兄さんがいます。うん成る程と思う次第でした。日本人だけでは出せる味ではありません。今のところプリモピアット(第一の皿)しかありません。でも今後はセコンドが出来ることを楽しみにしようと思います。海のそばのプーリア料理ですから。


 Latteria BeBeさんでは、戸塚区の小野ファームで作った生乳を使って毎日チーズを作っているのだそうです。このこだわりがおいしい料理の基本となっています。作り立てのチーズは店頭販売しているので、これを使えば料理のバリエーションが広がります。
 
<Latteria BeBeのDATA>
 住所:鎌倉市御成町11-17
 TEL:0467-81-3440
 営業時間:11:00-22:00(月曜日休み)
 
Latteria BeBe
http://http://latteria-bebe.com/

 

次回予告


 次回はフィレンツェのフードコーディネータの中島洋子さんが報告するジェラートの発明家ベルナルド・ブォンタレンティのお話を紹介します。
 
協力者の紹介と1号から10号の刊行内容
http://www.ivc-net.co.jp/food/mailmaga/2016/publish.html
 
11号から30号の刊行予定
http://www.ivc-net.co.jp/food/mailmaga/2016/publish2.html
 
Facebook
https://www.facebook.com/cucina.italiana.jp/

 

発行


ITALIAN VIDEO COLLECTION NET
 
株式会社イタリアンビデオコレクション
情報の投稿・ご意見・お問合せは
info@ivc-net.co.jp
イタリアでのビジネスや旅行は
http://www.ivc-net.co.jp/