ホーム旅行・地図ホテルバスツアーチケットカルチャーショップ通訳・翻訳職人サイトインテリアビジネス
 HOME>カルチャー> ローマから吹く風>ローマの名物料理ポルケッタ

ローマから吹く風n.239

ローマの名物料理ポルケッタ


 ローマの近郊の「カステッリ」、「ローマのワイン貯蔵庫」という別名を持つ古代ローマ時代からローマにワインを提供してきた地域。

 小高い丘に7つ街があって、今日はローマに近い方から2つ目の街、アッリッチャへ行ってきた。
 20年くらい前までは、この7つの街どこにも「フラスケッタ」と呼ばれるワインを売る店があり、テーブルと長椅子があって、客は家からパスタを入れた鍋をもってきてワインとパンを店で買って飲み食いした。
 アッリッチャにもその名残の店がいっぱい。今は普通にトラットリアになってしまっている。


こんなローマを見せたい ローマの名物料理ポルケッタ
 

 アッリッチャへ行くと、ここそこにPorchetta(ポルケッタ)という看板を見る。豚の丸焼きのことで、アッリッチャ名物だ。アッリッチャに来たら、ポルケッタを食べない訳にはいかない。

 
 

 今回、旦那の進言でアッリッチャへ入ってすぐのところにある「da Vignarolo」へ行った。店内にある素人っぽい絵とロゴ。

 この店は、やたらにおしゃれにしないで、昔ながらのベンチ式食卓。

 国民的英雄俳優、ナポリ出身のトトの写真。この人を知らないイタリア人はいない。

 注文したのはお店の人の進言にしたがって、ミックス前菜
サラミ・ハムの数々。その横にはチーズ各種。

では、食べ物へ行きます。
まず、マメと豚の皮のスープ。

続くは、トリッパ(豚の胃)。
スープ類はいかにもチープにサラダボールで。

 アッリッチャのパン。皮はパリパリ、中身は程よく湿気があって柔らかく香ばしい。
上にかかってるのはもちろんエキストラ・バージン・オリーブ・オイル。

食卓の中央にあるのがポルケッタ。
飲み物はもちろんアッリッチャ産の赤ワイン。
食べるのに夢中になって写真をとるのを忘れてしまったけど、この他に: 柔らかいチーズ二種(一つは唐辛子入り)、カッテージチーズ(羊の乳から作ったもので味が濃い)、水牛モッツァレッラ、丸い唐辛子のツナ詰めオイル漬け、ナスのスライスの炭火焼、唐辛子入りサラミ、普通のサラミ、生ハム、干し豚肉 があった。どれもこれも材料が良いのがよく分かるほどにおいしかった。

 これでお腹いっぱいになったけど、ここへ来てパスタを食べないのも何だということで、半分の量を注文した。
私と旦那と息子は、「イノシシ肉のパッパルデッラ」
舅は「アマトリチャーナ」。お皿にいっぱいあるように見えるけど、半人前。

もう、なにもかもおいしかった!!!
ミックス前菜4人前、パスタ3人分、赤ワイン1リットル、水1リットル、コーヒー4杯で65ユーロ。6800円くらい。一人1700円。
もう一度行くべきお店の一つ。ごちそうさまでした!!!

 
 

Dar Vignarolo
住所:Via Strada Nuova 97 Ariccia(RM)
tel: 347-9402161

ヤマネ・ミドリさんと回るローマのツアー


ITALIAN VIDEO COLLECTION .co.,ltd.

If you have a request for this page,Mail to : info@ivc-net.co.jp
or contact ITALIAN VIDEO COLLECTION