Cucina Italiana

クチーナ・イタリアーナ(イタリアの台所)

「刊行リストと概要」(その2)



 クチーナ・イタリアーナ(イタリアの台所)はフードコーディネータ・中島洋子さんやフィレンツェの料理研究家アントネッラ・ラノッキアさんを初めとして現地イタリアのプロや“食”に詳しい方々のご協力で実現した本格的なイタリアの“食”に関するメールマガジンです。
 
 イタリアの“食”についての様々な情報を紹介するとともに、日本ではあまり知られていないイタリア食材、日本で手に入るイタリア食材などについて、読者の方々と探って行きます。
 
関連するページ
Facebook:クチーナ・イタリアーナ
 https://www.facebook.com/cucina.italiana.jp/
 
中島洋子のイタリア食紀行(エノガストロミーツアー)
 http://www.ivc-net.co.jp/food/toscana/foodlogue.html
 
ご質問、ご意見、ご購読(月4回月曜発行、300円/月)、サンプル送付は→info@ivc-net.co.jp

 

刊行リストと概要(第21号から第30号)



執筆協力者の紹介は→こちらから
1号から20号までの刊行リストと概要は→こちらから
 
イタリアの国民食のパスタ/絶妙パスタ(第21回)
 イタリアの国民食のパスタの説明と、ヤマネミドリさんが発見した絶妙パスタ・奇跡ハーモニーのラビオリを紹介して、パスタとは何ぞやと感じていただきます。
 
セントレジスのカチオと胡椒のパスタ(第22回)
 ローマの5つ星ホテル、セントレジスのメインダイニングのお薦めメニューと自慢の伝統料理・カチオと胡椒のパスタをご紹介します。
 
ハピーアワー、アペリティーボ/レシピ:塩漬け鱈のパスタ(第23回)
 イタリアのハッピーアワーのアペリティーボと、ヤマネさんのレシピ:簡単おいしい、塩漬け鱈(バッカラ)のパスタを紹介を致します。
 
フィレンツェのカッシーネ市場/日本で買えない手軽な食材(第24回)
 地元の人たちが食料品や日用品を購入するフィレンツェ最大のメルカート(市場)カッシーネ市場と、イタリアのスーパーマーケットでは手軽に買えるけれど、日本では買えないけれど現地では買える手軽な食材を紹介を致します。
 
ナポリのNo.1ピッツァ・イオーロの店/ピッツァのメニュー/ナポリで学んだ方のお店(第25回)
 ナポリのNo.1ピッツァ・イオーロ、エンツォ・コッチャさんのお店「La Notizia」のご紹介とそのメニュー、またコッチャさんのところで学んで、日本でピッツェリア(ピザ店)を営まれている方のお店を紹介します。
 
本当においしい自家製パスタ/フェトゥッチーニのエビソース(第26回)
 ヤマネミドリさんのお宅で作った本当においしい自家製フィットチーニ・パスタとヤマネミドリさんが見つけたフェトゥッチーニのエビソースをお知らせします。
 
イタリア発祥の食文化運動・スローフード/田舎絶品パスタ(第27回)
 イタリア発祥の食文化運動・スローフード運動を紹介するとともに、ヤマネミドリさんが見つけたコテコテの田舎絶品パスタ、チェリッティのポルチーノとトリュフ和えをお知らせします。
 
ナポリピッツァに不可欠なビール酵母/古代ローマ式ピッツァのピンサ(第28回)
 自分でピッツァにチャレンジされる際の参考に、ピッツァ作りのポイントとなるビール酵母のお話をします。また併せて、ピッツァの原型、古代ローマのピンサを出すお店をご案内します。
 
原産地名称保護制度D.O.P./ジュセッペ・コッコのスパゲッティ(第29回)
 イタリアの食文化の一部となっている原産地名称保護制度D.O.P.の説明と、シルビオさんの王様レストランで出す時の定番パスタ、ジョゼッペ・コッコのパスタを紹介します。
 
サンマルツァーノのトマト(第30回)
 永年にわたって改良が加えられ、イタリア料理に欠かせない食材となったサンマルツァーノのトマトの紹介をするとともに、日本で生産しているサンマルツァーノ種のトマト、それからお薦めのサンマルツァーノのトマト缶詰のお話をします。

刊行リストと概要(第31号から第40号)(予定を含む)



アリッチャでのポルケッタお薦めの店(第31回)
 ローマの庶民の楽しみ、アリッチャのフラスケッタ(ローマの居酒屋)で食べる豚の丸焼き・ポルケッタをご紹介します。
 
ズッキーニのひき肉詰め/エビとズッキーニのペンネッテ(第32回)
 夏の季節、安くなっているズッキーニを使ったひき肉詰めをお知らせすると共にこの季節の絶品パスタ"エビとズッキーニのペンネッテ"をご紹介します。
 
世界一規模の食材の祭典/サローネ・デル・グスト (増刊2号)
 トリノのコーディネータ西村さんの情報に基づき、2016年に開催される世界一規模の食材の祭典(サローネ・デル・グスト Salone del Gusto)をご紹介します。
 
アマトリーチャ支援に立ち上がったレストラン(特別増刊号)
 地震で建物の3/4が損害を受けたアマトリーチャ。このアマトリーチャ支援のため当地の名物アマトリチャーナを食べて被災者救援に乗り出したレストランの話です。
 
ポルチーニ茸祭り(第33回)
 8月から9月にかけてイタリア各地で催されているSAGRA(サグラ)。サグラの人気プログラム、ポルチーニ茸をテーマにしたコッレ・ディ・フオーリのサグラをご紹介します。
 
中世の塔の町サンジミニャーノ食材探訪ツアーその1(第34回)
 食のコーディネータ中島洋子さんが中世の塔の町サンジミニャーノ食材探訪ツアーで訪れたワイナリーでのワイン・テイスティングを兼ねた黒トリュフとサフランの料理コースを紹介します。
 
中世の塔の町サンジミニャーノ食材探訪ツアーその2(第35回)
 食のコーディネータ中島洋子さんが中世の塔の町サンジミニャーノの街のなかでの散策をご紹介します。見て味わって食材について知るサンジミニャーノの食材探訪ツアーは続きます。
 
再びアマトリチャーナ(第36回)
 地震を受けたアマトリーチャの名物アマトリチャーナをMidoromaさんが解説するとともに、イタリア料理に不可欠なトマトソースについて、お話しさせていただきます。
 
夏の終わりのペーストジェノベーゼ作り(第37回)
 夏も終わりに近づくとイタリアの家庭で恒例の作業が待っています。その1つがペーストジェノベーゼ作りです。 Midoromaさんがペーストジェノベーゼ作りを紹介します。
 
保存用トマト作り/羊肉のスーゴ・トマトソース和えニョッキ(第38回)
 9月を過ぎると、温室栽培を除き、新鮮なトマトは無くなります。そこで編み出されたのが、保存用のトマト作りという技法。Midoromaさんが保存用トマト作りの模様をお知らせします。。
 
フィレンツェの食材探訪ツアー/その1 カッシーネの市場(第39回)
 イタリアでは地元の美味しいものを味わいながら楽しむエノガストロミー・ツアーが人気になっています。39回から4回にわたって、フィレンツェの食のコーディネータ中島洋子さんが行った食材探訪ツアー、料理教室をご紹介します。
 
フィレンツェの食材探訪ツアー/その2 ビステッカ・フィオレンティーナ(第40回)
 イ中島洋子さんのご案内するフィレンツェ食材探訪ツアーのその2として、イタリアの誇る世界一のビフテキ、ビステッカ・フィオレンティーナをご紹介します。
 
お問合せは→info@ivc-net.co.jp

 

発行


ITALIAN VIDEO COLLECTION NET
 
株式会社イタリアンビデオコレクション
ご質問、ご意見、購読、サンプル送付は
info@ivc-net.co.jp
イタリアでのビジネスや旅行は
http://www.ivc-net.co.jp/