ホーム旅行・地図ホテルバスツアーチケットカルチャーショップ通訳・翻訳職人サイトインテリアビジネス
 HOME>旅行・地図>ミラノ観光のお手伝い>ミラノ観光ガイド> ブレラ美術館

ミラノ
観光ガイド

ミラノ - イタリア- の名所



ブレラ美術館(Pinacoteca di Brera)

 
 ミラノの中心のドゥオーモ広場からスカラ座の脇を通り北の方向に行くと世界的に評判の高い美術館のブレラ美術館(Pinacoteca di Brera)があります。

 フェデリコ・ボッロメオ枢機卿が1600年代からすでにアンブロジアーナライブラリーを創設した場所であり、同枢機卿の絵画収集品をもとに絵画館がつくられました。

 ミラノはブレラ美術館設立当時、オーストリア帝国の支配下にあったことから、有名な女帝マリア・テレジアが美術学校付属の美術館として設立しました。その後、19世紀のナポレオン支配下の時代に集められた美術品をもとに、美術館として開館しました。

 ここには14世紀〜18世紀のロンバルディア派絵画やルネサンス期のヴェネチア派の絵画などの美術品が納められています。



 主な収蔵作品としては、ベリーニの「ピエタ」、ブラマンテの「柱に縛られたキリスト」、マンテーニャの「死せるキリスト」やラファエロの「聖マリアの結婚」などをはじめとしたイタリア絵画の宝庫です。



 ブレラ美術館のあるスカラ座の北にある地区は、19世紀頃には前衛的な画家や作家たちが集う場所でした。現在では古きミラノの中でもお洒落でエレガントな地区として人気となっており、散策や食事のスポットとして賑わっています。  


ITALIAN VIDEO COLLECTION .co.,ltd.

If you have a request for this page,Mail to : ivc-net@ga2.so-net.ne.jp
or contact ITALIAN VIDEO COLLECTION