今は出口になっている正面入り口。ここの天井が地震で落ちた。
ここもロマネスク+ビザンチン様式。でもこの中にあるジォットの壁画がルネッサンスの訪れを告げている。
それまでの職人的絵画ではなく、ジォットが敬愛したサン・フランチェスコを、理解し、自らの意思で描いた、つまり、この壁画は他の誰でもなくジォットでなければならなかった…という点において、初めて「芸術家」の仕事が登場した、というわけ。宗教的にはもちろん、美術史上でも、ものすごく重要な教会というわけ。