ローマから吹く風




手ごろなレストラン・全部魚

←356 前の情報を見る    次の情報を見る 358→

 A TUTTO PESCE「全部魚」という名のフランチャイジングの魚専門レストランがご近所に開いた、安くて美味しい、とご近所さんに聞きました。新コロナの一部自粛解除となったので家族で昼食に行きました。
 
 店内は白と青で統一。高級レストランではない、それらしいインテリア。壁は漆喰の白。木製の木のテーブルと椅子は白ペンキ。テーブルクロスは無くて、紙。。。。写真を撮り損ねたけど、ウエイターは白いTシャツにセーラー服の襟がついた制服を着ていて、それが可愛かった。


<前菜三種>
 
 昼の定食があって、前菜三種とパスタ類、水50mlで9.5ユーロ(約1150円)。 パスタの代わりに魚料理だと10.5ユーロ。パスタも魚料理も三種類ほどから選べる。
 
 左から、タラのグラタン、バッカラ(タラの塩つけ)野菜のグリルとナッツ、小海老とピーマンの和物。


<パスタ・クロダイのアマトリチャーナ>
 「アマトリチャーナ」はグアンチャーレ(豚の?肉のベーコン)とトマトで作るソースに和えるパスタ料理だが、最近、ベーコンを魚にする料理が見られるようになった。
 
 ここではクロダイ。スズキと共に養殖が盛んで安価で庶民的。でも美味しい。ここはトマトをソースにするのでは無く、生プチトマトを軽く炒めたソース。これに羊のチーズ(ペコリーノ・ロマーノ)を合わせる。魚にチーズも最近の話。羊は味が濃いので量を間違えるとウオの味が台無しになってしまう。むしろ、味が羊よりデリケートなパルメザンよりも、ウオに合うのが、料理の面白いところ。
 
 伝統的には、魚のソースには長いパスタを合わせるのだけど、新イタリア料理では魚でも短いパスタを合わせる。羊のチーズの絡みには、この指抜きの名を持つ短いパスタ, DITALI(ディターリ)が良いようです。



<食事の後のエスプレッソ>
 
 食事の後にはエスプレッソが欠かせない。美味しいエスプレッソの上部には泡の層ができて、それがご覧のように跡を残します。
 
 いやー、満足満足。車で10分のところにこんな美味しい手頃なレストランができて嬉しいことこの上なし。
 
Ristorante A TUTTO PESCE
 Via dei Castelli Romani, 24 00071 Pomezia (Roma)
 電話:06.91.800.039
 Facebook:https://www.facebook.com/pages/category/Restaurant/A-Tutto-Pesce-Pomezia-329390684515924/